バス旅行の大きなメリット

旅行は個人旅行だけでなく、バス旅行という選択肢も挙げられます。各地で経営に喘いでいるバス会社が多い中で、昔ながらのバスツアーがなくならないのには理由があります。 第一の理由は、移動の手間がかからないという点です。車を運転するのであれば、ある程度道順や道路状況を考える必要がありますし、電車などの公共交通機関を使うのであれば、時間や乗換え方法などを計算しなければいけません。一からプランを立てるのが好きな人以外は、中々面倒な作業になるでしょう。 バス旅行にはそういった煩わしさがなく、出発時間に間に合うことだけを考えていれば問題ありません。ですから、特にシニア層からの支持が厚いです。 また、個人旅行よりも出費が抑えられるというのもメリットです。日帰り旅行の場合1万円以下のプランも多くあるので、手軽に旅行が楽しめます。

 

デメリットも考慮しよう

メリットが多いバスツアーにも、当然デメリットはあります。どうしても受身の旅行になりやすいので、感動が薄い、という側面はなくせません。興味のない場所にも他の参加者と連れたってバスから降りなければいけませんし、ツアー本命の場所に着いても制限時間が短くて満足できないかもしれません。主体的に動きたい人にとっては適さない旅行方法と言えるでしょう。 それから、座席が電車より狭く、背もたれも思うように倒せないことが多いです。窮屈な空間が苦手な人には、辛い時間となる可能性があります。こういったデメリットも考慮して、個人旅行かバス旅行かを選んでみてください。