インターネット環境の良し悪し

携帯電話の普及に伴ってトラブルが増加してきているのがインターネット環境です。インターネットは初めて海外に訪れた右も左もわからない初心者にとって強い味方と言えます。とはいえ、国内と海外では通信環境が異なるため、日本で当たり前に行っている方法では接続することができません。そこで強い味方となってくれるのがWi-Fiなどの無線LANになります。 しかし、海外の全ての国がネット環境が整っているわけではなく、中には設備はあっても電波が微弱で通信速度が遅いというケースも珍しくありません。そのため、万が一に備えてモバイルルーターを持参していくと安心です。

 

時間によって異なるルームサービスの対応

ホテルの利用者の中には、大勢での食事に抵抗を感じてホテルのルームサービスを利用する人も少なくありません。日本のホテルでは大抵の場合このルームサービスは24時間いつでもすることができますが、海外では必ずしもそうではありません。 中には24時間と明記されているにも関わらず、レストランが閉店している夜間は対応不可と断られてしまうこともあります。そのため、夜間の食事を希望する時は、予めチェックインの時にフロントに確認をしておくと安心です。

 

海外で通例のチップの支払い

海外旅行を経験したことがない人でも知っている外国ならではの習慣の一つにホテルで支払うチップがあります。日本では馴染みがないという理由から、初めて海外に訪れた人の中には渡し忘れてしまうケースも少なくありません。しかし、海外では宿泊客からのチップが従業員の賃金に含まれていることもあるので忘れずに払う必要があります。 チップは紙幣で支払うことが基本となっているため、カード決済がメインの人もチップ用に紙幣を用意しておかなくてはいけません。